特定医療法人 谷田会 谷田病院様

特定医療法人 谷田会 谷田病院 様

特定医療法人 谷田会 谷田病院ロゴ

LINE WORKSのやり取りが
問題点を浮かび上がらせてくれる


特定医療法人 谷田会 谷田病院

  特定医療法人谷田会が運営する谷田病院(上益城郡甲佐町、谷田理一郎理事長)では、今年1月から院内の認知症サポートチームでLINE WORKSを活用した業務の効率化、情報の共有化をスタート。認定看護師や各医療専門職からなるスタッフが、LINE WORKSを使って認知症患者の病状の変化や日常の様子をチーム内で共有している。さらに各担当者の専門性や経験に基づいた視点をLINE WORKS上にアップし共有することで、的確で具体的な診療プランづくりに役立てているという。
 定期的なカンファレンスだけでは見落とされがちな患者の状況変化を共有し、的確でスピーディーな対応を可能にしたLINE WORKSの活用法と導入後に見えてきた課題、院内のICT化促進の秘訣ついて、吉橋謙太郎経営企画部長、川上博之薬局長のお二人に話を聞いた。

導入のきっかけ

・今後、ICTを活用した在宅医療のネットワークづくりを進めていく上で、当院としては先ずは院内でのネットワーク構築から始めようと考えたのが導入のきっかけです。

・使い方がLINEとほぼ同様なので、使用方法を改めて説明することも少なく、誰でも直ぐに使うことができる使い勝手の良さも導入の大きなポイントです。

導入後の効果

・職員同士のコミュニケーションがたいへん密になり、申し送り事項や院内のカンファレンスで拾うことが難しかった、患者の日々の変化がより克明にリアルタイムに把握できるようになりました。

・通常病院内は、病棟毎でスタッフの仕事も分かれているので、自分が所属していない病棟については情報の把握が難しい傾向があります。LINE WORKSがあれば、違う病棟の患者情報も共有でき、病院全体が一つになることができました。

どのように課題を解決し、どのような効果がでたのかは、PDF(詳細版)にてご覧ください。

谷田病院 資料ダウンロード




資料ダウンロード
お客様情報

お客様名
特定医療法人 谷田会 谷田病院

拠点
熊本

谷田病院 資料ダウンロード