有限会社協同ファーム様

有限会社協同ファーム 様
有限会社協同ファーム ロゴ

機械・設備の改善点が明らかになり、トラブルを未然に防ぐことも可能になりました。
代表取締役 日高 義暢氏

 2010年、宮崎県下で猛威を振るった口蹄疫で、飼育する豚全てを失うという大きな被害を受けた㈲協同ファーム(宮崎県児湯郡川南町)の日高社長。あまりの被害の大きさに、養豚業を断念する農家が相次ぐ中、徹底した衛生管理で二度と豚が病気で死ぬことのない養豚業を目指し、再びゼロから事業を再建。努力の末、宮崎県畜産共進会グランドチャンピオン3度受賞の偉業を達成する。 安全でより高い品質の豚肉生産に向け、同社では現在IoTを駆使した新たな養豚業の実現に乗り出そうとしている。業界関係者はもとより、地元自治体も同社の先進的な取り組みに大きな期待を寄せている。 来年5月の新豚舎完成を機にIoT化を加速する日高社長に、目指す養豚事業の未来、同社が取り組むInternet of 豚舎(IoT)について聞いた。

導入前の課題

・設備のトラブルがいつ発生するか予測ができないため、修繕やメンテナンスに時間や手間を取られていました。

・少ない人数で運営しているため、効率化や省力化、生産管理の徹底に向けたITやIoT導入が必要と感じていました。

導入後の効果

・養豚場内の給水、給餌、集糞装置の稼働状況や温度・湿度、CO2の量まで、豚舎内の状況がリアルタイムでいつでもチェックできるようになりました!

・設備の様子をカメラやセンサーを使い24時間体制で監視でき、LINE WORKSと連動させたことで、異常が起きた場合はすぐにアラート通知で報せてくれます。

・いつ起こるか分からないトラブルを未然に防ぐことが出来るようになりました!

どのように課題を解決し、どのような効果がでたのかは、PDF(詳細版)にてご覧ください。

CocoLife株式会社 資料ダウンロード




システムフォレスト IoTサイト

協同ファーム様のインタビュー動画を掲載しております。
ぜひご覧ください。

資料ダウンロード
会社情報

会社名
有限会社協同ファーム

拠点
宮崎

有限会社協同ファーム

有限会社協同ファーム 資料ダウンロード