西原村役場

西原村役場
西原村役場 ロゴ

熊本地震時の業務管理に即座に対応。
また、あらゆる業務管理を一元化。
住民へのサービスの質が上がりました!

日置 和彦村長


2016年4月に発生した熊本地震により最も甚大な被害を受けられた地域のひとつ熊本県西原村にて、セールスフォース・ドッドコム社が提唱する「社会貢献活動1・1・1モデル」に賛同頂いたメーカー様と共に今回の災害支援システムの構築のご支援させて頂きました。西原村役場様で、今回構築されたシステムについて日置 和彦村長と震災復興推進室 係長 吉井 誠様にお話をお伺いしました。

熊本地震から3ヶ月、西原村の今

元の生活に戻るにはまだまだ時間が必要

ー 日置 和彦村長
 熊本地震から3ヶ月たった今、地震直後に比べるとかなり落ち着きを取り戻してきています。
被災者の方は避難所から仮設住宅に入られて、現在避難所には63名約30世帯がいらっしゃいます。(取材時2016.7.19)
避難所を1箇所に集約することが目標の一つでしたので、ひと段落の区切りがついたと思っています。
しかし、みなし仮設住宅の入居を待っている方や、修理をしたいけれど色々な事情で先送りになっている方などがいらっしゃるのが現状です。元の生活を取り戻すには、まだまだ時間がかかります。

Salesforceの採用ポイント

開発に時間がかからず、すぐに運用開始することができる

ー 吉井 誠さん
 当初は自分自身でり災証明書発行のためのシステムを作ろうとしていました。そんな中、セールスフォース・ドットコムさんとシステムフォレストさんが訪ねてこられ、実際にSalesforceを見せていただきました。
 採用の1番のポイントですが、今回は災害で使用するため、緊急性が高く、即座に使用開始できるかどうかという事が最重要点でした。その点Salesforceは開発に時間がかからず、すぐに使い始める事ができるというお話しを聞いたので「これは行けるぞ!」と確信しました。また、こちらからの「こういうことをしたい」と伝えた要望が、翌日には出来上がっており、伝えていたこと以上の仕組みを作り上げていただいていました。
 システムの支援以外にも現場地図の色塗りから現地調査について行って運用方法を考えてくださったりと、あの時は本当に救世主のような存在でした。

導入後の効果

住民へのサービスの質が上がりました


 

どのように課題を解決し、どのような効果がでたのかは、PDF(詳細版)にてご覧ください。

 


西原村役場 資料ダウンロード
西原村役場 資料ダウンロード
会社情報

会社名
西原村役場

拠点
熊本県

ホームページ
http://www.vill.nishihara.kumamoto.jp/top.html

西原村役場

西原村役場

西原村役場

西原村役場 資料ダウンロード